女性を支える葉酸サプリや妊活サプリ|欲しかった効能

妊婦

初産を助ける

辛いけれど、頑張りたいものばかり

doctors

このところ、不妊治療に挑む方たちは年齢が高い方に集中しています。晩婚化による初産の年齢が高まっているからだと見受けられます。このところの治療は、基礎体温を用いたタイミング法などで様子を見ることがなく、相談に訪れたその時から、高度不妊治療を始めるケースがすべてと言っても過言ではありません。また、かつては女性側だけが積極的な治療を受けていましたが、この数年の間で男性側も積極的に診療やカウンセリングを受け、治療に参加するようになっています。これは男性側不妊の可能性も叫ばれるようになったこと、体外受精や人工授精など自然妊娠以外の受精方法を選択するケースが増えているためです。積極的治療で、妊娠率は格段に上がっていますが、検査なくして治療を始めることができません。

注意したい点や決めておきたいこと

不妊治療に踏み切る前に、身体の状態を調べるための検査を行います。血液検査のほか、子宮内の状態を見るための子宮鏡検査のほか、男性不妊の検査なども行います。中には、性交後の状態を知るためのフーナーテストなども取り入れているクリニックがほとんどです。これらは、不妊治療に欠かせない検査ではありますが、パートナーの理解が得られなければ、スタートラインに立つことができません。夫婦での話し合いが進まない場合は、クリニックでカウンセリングを受けることなども一案です。また、事前にどのような治療を行うのか調べることも大切ですが、一番は医師の診療方針に従うことです。医師の進言に則って治療方針を自己決定できるよう心がけていきましょう。